モバイル、テレワーク、生産性向上に必要なツールがPCやタブレット、スマホからいつでも、どこでも使える

IT業界をはじめ多くのさまざまな分野の企業が賛同して政府が推進する「働き方改革」に取り組んでいます。「働き方改革」では場所や時間に縛られることなく、多様な働き方を実践することが求められます。それを実現するには必要な時に必要な業務が行えるITツールが不可欠です。しかし実際の業務では文書の作成や部署のメンバーとのコミュニケーション、社内外のメンバーとの共同作業、業務に必要なデータや情報の管理、そしてセキュリティなど多岐にわたるツールが必要となります。しかもそれらがPCだけではなくタブレットやスマートフォンからも利用できることが求められます。こうした「働き方改革」を実践するためのツールがオールインワンで提供されるのが、日本マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365 Business Premium」です。必要な時に、必要な場所で、手持ちのデバイスから使えるOffice 365 Business Premiumは、「働き方改革」を実践するのに最適なクラウドソリューションです。

  • 貸出機・トライアル なし
  • サーバー環境 不要
  • クラウドサービス契約単位 -

このような方にオススメ

業種

全業種

目的・課題

営業力強化|業務効率化|モバイル活用|働き方改革(テレワーク)

カテゴリ

グループウェア|Web会議|ファイル共有

このソリューションで解決できる問題

課題

解決策

出張費や移動時間などを節約したい・・・

「Skype for Business」を使えば、メンバーが別々の場所にいてもWeb会議が行えます。会議室へ移動する時間と出張費を削減でき、子育てや介護で家から出られなくても在宅でWeb会議に参加可能です。

会議資料の準備や段取りに時間がかかる・・・

「One Drive」を使えば、外出先でも海外でも、さまざまな端末から安全に資料を共有・確認でき、内容も更新できます。

同時進行で進めている複数のタスクを一元管理して効率よく進めたい・・・

「Planner」を使えば、グループで取り組む作業の進捗状況や報告などの情報を一元管理でき、可視化できます。常に最新の状況が把握できるほか、自分に関連するタスクをまとめて管理できます。

特長

特長1

常に最新版のOfficeなどのツール群が使える

「Office 365 Business Premium」はクラウドサービスで提供されるため、バージョンアップの必要がありません。新しいテクノロジーや機能が開発されるとすぐにサービスに反映され、追加コストを負担することなく利用できます。最新のツールがいつも使えることで生産性や利便性をさらに向上させられます。

特長2

いつでもどこでもさまざまなデバイスから使える

「Office 365 Business Premium」はインターネットを通じて提供されるクラウドサービスであるため、デバイスやOSの種類を問わず利用できます。Windowsを搭載したPCやタブレット、スマートフォンをはじめiOSを搭載したデバイスやMacなど、インターネットにアクセスすればいつでもどこでも利用できます。

特長3

導入コストと運用・管理コストを削減できる

「Office 365 Business Premium」は「働き方改革」に必要な多様かつ多彩なツールが月額定額の低コストで、常に最新版のツールが追加コストなしで利用できます。サーバーの導入が不要のため初期投資はわずかで済む上に、運用・管理の手間もコストも最小限で済みます。ライセンスはユーザーごとに管理できるため、無駄なコスト負担も省けます。

システム要件

一般法人向け、教育機関向け、政府機関向けの Office 365 のシステム要件
【コンピューターとプロセッサ】
PC:1GHz 以上の x86 ビットまたは x64 ビット プロセッサ (SSE2 命令セット対応)
Mac:Intel プロセッサ
【メモリ】
PC:2 GB RAM
Mac:4 GB RAM
【ハード ディスク】
PC:使用可能なディスク領域 3.0 GB
Mac: 使用可能なディスク領域 6 GB HFS+ ハード ディスク フォーマット (別称 Mac OS Extended または HFS Plus)
【ディスプレイ】
PC:画面解像度 1024x768、1024×768
Mac:画面解像度1280 x 800 1280 × 800
【グラフィック】
PC:グラフィック ハードウェア アクセラレータには DirectX 10 グラフィックス カードが必要です。
【オペレーティング システム】
PC:Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2008 R2
Mac:Mac OS X 10.10 以降
※最適なパフォーマンスでご利用いただくために、最新バージョンのオペレーティング システムをご使用ください。
【ブラウザー】
最新バージョンのInternet Explorer、Microsoft Edge、Safari、Chrome、Firefox
【.NET のバージョン】
PC:.NET 3.5 が必要です。機能によっては、.NET 4.0、4.5、または 4.6 CLR のインストールも必要です。
【その他】
・インターネット機能には、インターネットへの接続が必要です。料金がかかる場合があります。
・マルチタッチ機能を使用するには、タッチ対応デバイスが必要です。ただし、すべての機能は常に、キーボード、マウス、または他の標準デバイスもしくはアクセス可能な入力デバイスを使用して利用できます。タッチ機能は Windows 10、Windows 8.1、または Windows 8 用に最適化されています。
・製品機能とグラフィックは、システム構成によって異なる場合があります。一部の機能には、追加のハードウェア、高機能なハードウェア、またはサーバーへの接続が必要です。
・Microsoft アカウントまたは Microsoft 組織アカウント、あるいはその両方が必要です。
【モバイル デバイス】
Windows:Office Mobile アプリケーション (Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook メール、Outlook カレンダー) を使用するには Windows 10 が必要です。
iOS:Office for iPad/iPhoneには iOS 8.0 以降が必要です。Office for iPad Proには iOS 9.0 以降が必要です。
Android:Office for Androidをインストールするタブレットやスマートフォンは、Android KitKat 4.4 以降を実行していることと、プロセッサが ARM ベースまたは Intel x86 であることが必要です。
モバイル ブラウザー: Microsoftがサポートするモバイル ブラウザーはどれでも使用できます。これには Intune Managed Browser も含まれます。

詳細は下記をご確認ください。
https://products.office.com/ja-JP/office-system-requirements#subscription-plans-section

ご購入方法

新規1ライセンス/追加1ライセンスよりご購入いただけます。

構成製品

マイクロソフト

【新規】単一言語(Single Language)(OPビジネス)O365 Business Premium Open 1年

メーカー型番: 9F4-00003

標準価格: 0

関連資料ダウンロード

このソリューションを見た人は、こちらも見ています

あなたにオススメ