情報更新日:2020/05/14 No. B1195

労働時間管理から遠隔ヘルプデスク、セキュリティまでテレワークの運用課題を解決!

  • 製品 / サービス名:LanScopeCat マネージャ スカウトキャット エクスプレス
  • メーカー / ベンダー名:エムオーテックス
  • 対応OS:Windows|macOS
  • 貸出機・トライアル:あり
  • サーバー環境:必要
  • クラウドサービス契約単位:-

こんな課題を解決します

業務の開始・終了も従業員の自己申告なので正しい情報かがわからない

PC操作ログをもとに、労働時間を可視化できます。

テレワーク中の従業員のPCで問題が発生した場合のサポートが課題だ

対象PCにリモート接続することでスムーズに対応できます。常駐型ならユーザー操作なしで接続できます。

社外持ち出しPCのセキュリティを強化したい

情報漏えい対策から強固なマルウェア対策まで、エンドポイントで実現できます。

ポイント1

PC操作から労働時間を可視化できる「勤怠レポート」機能

操作ログをもとに1日の最初と最後のログを勤務情報として取得し、「日別」「人別」に勤務状況を一目で把握できます。
グラフの色のついている部分がPC操作が行われていた時間。オレンジ色は定時間外のPC操作(=残業)があったことを表し、既定の労働時間内の長時間の休憩や、未申請での残業が行われていないかを一目で把握できます。

ポイント2

部下の勤務状況は各部門長が管理、PC操作を監視することで従業員の緊張感をキープ

管理コンソールのアカウントで閲覧権限を制限し、各部門長に部下の勤務状況のみを確認できる体制を作ることが可能です。
また、PC操作ログを取得することは、監視カメラのように自らルール違反行為を行わなくなる抑止効果があり、リモートワークでも緊張感を保ち、業務効率を落とすことなく業務に集中できます。

ポイント3

リモコン機能でカンタンに遠隔サポート

対象PCにリモート接続し、遠隔でヘルプデスクサポートを実施できます。「ワンタイム型」と「常駐型」の2種類から選択できます。
「ワンタイム型」の場合は、アプリのインストールが不要のため、遠隔サポートが必要な人にワンタイムパスワードを入力させるだけで、すぐにリモート操作が開始できます。
「常駐型」は、専用アプリをあらかじめインストールしておけば、管理者側からの操作のみで、リモート操作が開始できます。

ポイント4

管理者の目が届かなくなるリモートワーク程、情報漏えい対策が重要

周囲の目が届かなくなるため、「これくらいなら」とルール違反を犯してしまいがちです。LanScope Catには、Webアクセス、外部記憶デバイスの制御機能をご用意しています。
いずれもクライアント側で制御を行うため、社内ネットワーク未接続でも制御できます。

ポイント5

自宅や社外のネットワークに直接つなぐとセキュリティが脆弱に。エンドポイントのマルウェア対策がより重要

LanScope Catのマルウェア対策機能「プロテクトキャット」なら、AIを活用した超高精度のマルウェア検知をエンドポイントで実現できます。
未知・亜種のマルウェアも人工知能で99%検知し、ゼロディ攻撃からもPCを保護します。

ソリューション関連商品一覧

LanScopeCat マネージャ スカウトキャット エクスプレス

標準価格: 298000

メーカー名: エムオーテックス

メーカー型番: CAT/SCT-EXP

LanScopeCat 標準パック(for Win)(1〜99)

標準価格: 7800

メーカー名: エムオーテックス

メーカー型番: CAT/SC-A

LanScopeCat パック1000(for Win)(1〜1000)

標準価格: 9800

メーカー名: エムオーテックス

メーカー型番: CAT/PAC1000

LanScopeCat プロテクトキャット年間使用ライセンス(100〜250)

標準価格: 9200

メーカー名: エムオーテックス

メーカー型番: CAT/PTCAT18-A-M

LanScopeCat リモコンキャット クラウド(基本ライセンス)

標準価格: 119000

メーカー名: エムオーテックス

メーカー型番: LSP/ISL-ASP

あなたへのおすすめ