旧 日本ベリサインが提供する、世界最大手デジサートの証明書だから安心のサポート

2018年7月のChrome 68登場以降、WebサーバにSSLサーバ証明書が無いと訪問者のアドレスバーに「保護されていません」という警告が表示されるようになりました。企業サイトや製品サイトなどの公開サイトで訪問者に余計な不安を与えてしまわないように、WebサイトはHTTPS暗号化通信で運用することが求められます。デジサートの証明書は他社に比べて採用実績が圧倒的に高い、どなたでも安心してご利用いただけるSSL/TLSサーバ証明書です。

  • 貸出機・トライアル なし
  • サーバー環境 -
  • クラウドサービス契約単位 -

このような方にオススメ

業種

全業種

目的・課題

情報セキュリティ強化

カテゴリ

サーバー/ストレージ Webセキュリティ

このソリューションで解決できる問題

課題

解決策

Webサイトを初めてHTTPS(常時SSL)化したいが、どのような証明書を選べばいいのかわからない・・・

サポートのよさに定評があるデジサート。CSRとは?どんな証明書を選べばいいのか?EV証明書のメリットとは?など、証明書にまつわる様々な不安に経験豊富なオペレータがしっかりサポートします。

色々なSSLサーバ証明書があるが、違いが分からない・・・

デジサートが提供する「シマンテックSSLサーバ証明書」は、圧倒的な認知度を誇るノートンのロゴが目印の法人向けのOV、EV証明書です。証明書機能に加え、マルウェアスキャンや脆弱性診断サービスなどが無料で利用できます。

自社サイトをHTTPS化(常時SSL化)をしたほうがいいのか判断できない・・・

HTTPのページがブラウザで警告表示対象となった今、常時SSL化(HTTPS化)は新しいデファクトです。無線Wi-Fi経由通信の保護、SEO施策への寄与、ページ表示速度向上などの実利が得られます。

特長

特長1

HTTPS化(常時SSL化)に最適な証明書

初めてWebサイトを常時SSL化する際にはCSRの生成から証明書のインストール手順など慣れないこともあります。分からないことがあれば定評のあるデジサートのサポートチームがしっかり支援します。

特長2

業界最大手の認証局

DigiCertは法人向け証明書(OV/EV)の世界シェア66%(※)の認証局です。豊富な採用実績を誇り、どなたでも安心してご利用いただけるSSL/TLSサーバ証明書となっています。

※ 2018 Netcraft調べ

特長3

革新的な技術力

認証局として最初にドローン用証明書・マルチドメイン証明書・EV証明書を発行し、CTログの運用を開始。新技術を積極的に取り込み、自由度と信頼性が高いシステムにより、顧客の証明書のライフサイクル管理を容易にします。

特長4

業界をリードしてきた歴史

世界で最初の認証局を立ち上げたVeriSignのPKI事業をシマンテックから引き継ぎ、常に業界をリード。世界の銀行や多くのお客様の通信を常に守ってきた歴史を持ちます。知名度抜群のノートンセキュアドシールが目印の証明書を発行します。

構成製品

デジサート

セキュア・サーバID 1年間有効 

メーカー型番: IDCP-1Y00000-SS

標準価格: 81000

デジサート

グローバル・サーバID 1年間有効 

メーカー型番: IDCP-1Y00000-GS

標準価格: 138000

デジサート

セキュア・サーバID EV 1年間有効

メーカー型番: IDCP-EV10001-SS

標準価格: 162000

デジサート

グローバル・サーバID EV 1年間有効

メーカー型番: IDCP-EV10001-GS

標準価格: 219000

デジサート

セキュア・サーバID ワイルドカード 1年

メーカー型番: IDCP-WC0001Y-SS

標準価格: 400000

デジサート

グローバル・サーバID ワイルドカード 1年

メーカー型番: IDCP-WC0001Y-GS

標準価格: 681000

関連資料ダウンロード

このソリューションを見た人は、こちらも見ています

あなたにオススメ