わずか数分でバックアップデータを仮想ディスクで起動して参照できる

ランサムウェアに感染した場合、要求された身代金を支払ってもサーバーのシステムやデータを復元できるとは限りません。そのため万が一の感染に備えて、システムもしくはデータを確実に復旧できるよう、日ごろのバックアップが欠かせません。しかし潜伏期間以前の感染していないバックアップデータがどの時点なのか、一つひとつ復旧していては業務再開まで膨大な手間と時間がかかってしまいます。Arcserve UDPならバックアップデータを数分で仮想ディスクとして起動・参照できるため、感染状況を手間と時間をかけずに確認できて安全に復旧することができます。ランサムウェア対策だけではなく災害などに備えるBCP対策としても有効です。

  • 貸出機・トライアル なし
  • サーバー環境 不要
  • クラウドサービス契約単位 -

このような方にオススメ

目的・課題

バックアップ対策の検討

カテゴリ

ソフトウェア バックアップ|ランサムウェア対策

このソリューションで解決できる問題

課題

解決策

バックアップデータをより安全に保護したい・・・

Arcserve UDPはAmazon EC2やMicrosoft Azure上のクラウドストレージへ重要なデータだけを保管しておく仮想スタンバイ機能により、クラウドバックアップの手法も簡単に利用できます。またテープやRDXなど別媒体へのバックアップも可能です。重要なデータを定期的に隔離しておくことで、ランサムウェアの感染対策が行えます。

バックアップ環境を守りたい・・・

バックアップサーバーをファイルサーバーと別にして、ユーザーの不用意なアクセスを避ける運用がウイルス感染を予防します。Arcserve UDPの復旧ポイントサーバー(RPS)を立てた構成がディスクバックアップとしては有効です。またArcserve UDP Applianceを導入して運用するのも効果的です。

万が一の際に素早くデータを復旧したい・・・

Arcserve UDPでは効率的なバックアッププランを事前に作成しておくことで、複数のバックアップデータの世代管理ができます。ランサムウェア感染前のデータを保管しておけば、インスタントVMや仮想スタンバイといった方法により、わずかな時間でサーバーを復旧できます。

特長

特長1

データ損失のリスクを低減する

Arcserve UDPは仮想および物理サーバーとクラウドが混在する環境であっても、簡単でシンプルにバックアップ運用が可能です。継続的な増分バックアップと効率的な重複排除機能で高性能なバックアップ・リカバリを実現するとともに、混在環境におけるバックアップ運用全体を一元的に管理することができます。

特長2

バックアップ運用から災害対策まで豊富な機能を搭載

サーバー単体での保護はもちろん複数サーバーの包括的な保護も可能で、バックアップ環境全体にわたるデータの重複排除機能をはじめ、仮想環境と物理環境を同時に保護できる集中管理機能、確実にデータとアプリケーションを利用できる状態に保つ遠隔地の仮想スタンバイ機能など、あらゆるバックアップ・リカバリのニーズに対応できる豊富な機能を標準搭載しています。

特長3

目標復旧地点(RPO)と目標復旧時間(RTO)を守る

事業継続計画(BCP)に欠かせないシステムやアプリケーション、データの迅速な復旧が可能です。しかも業務の中断やシステムへの影響は最小限に抑えることができます。

特長4

Arcserve Unified Data Protection を動画でご紹介

ご購入方法

※Arcserve UDP v6.5 ライセンスプログラム製品は、ライセンス型番とメンテナンス型番を必ずセットでご購⼊ください。ライセンスのみのご購⼊はできません。

構成製品

Arcserve Japan

Arcserve UDP 7.0 Advanced Edition - Server - License Only

メーカー型番: NUAD0700FLJOSFN00C

標準価格: 83000

Arcserve Japan

Arcserve UDP Advanced Edition - Server - 1 Year Maintenance - New

メーカー型番: MUAD0000MAJOSFE12C

標準価格: 17000

関連資料ダウンロード

メーカー担当者からのPR・コメント

セキュリティ対策として、データ保護の観点からウィルス感染前・感染後の対策が行える製品「Arcserve UDP」を自信をもっておススメします!

あなたへのおすすめ