情報更新日:2020/07/20 No. C1222

RPAで操作を自動化&手順書を自動作成する「Axelute」

  • 製品 / サービス名:Axelute
  • メーカー / ベンダー名:FUJITSU
  • 対応OS:Windows
  • 貸出機・トライアル:-
  • サーバー環境:不要
  • クラウドサービス契約単位:-

こんな課題を解決します

毎日の定型業務を効率化したい

Windows上の操作を記録するだけでロボットを作成し、定型業務を自動化します。

入力ミスなどが原因で手戻りが多い

人が作業するより高速かつ正確な作業をロボットが実行、業務品質の向上が実現できます。

業務が属人化しているて特定の人しかその業務を行えない

ロボットに記録した操作を手順書としてExcel形式で自動生成することで、業務の見える化ができます。

ポイント1

ロボット作成操作が簡単

ロボットのコーディングが不要で、画面の操作を記録するだけでロボットが作成できます。
記録開始ボタンを押し、自動化したい業務の操作をして、記録停止ボタンを押すだけでロボットができあがります。
そのため、IT部門でなくても簡単に操作できます。

ポイント2

ロボットの動作をコントロール

再生ボタンを押すだけでロボットを実行でき、記録した操作をそのまま再生できます。
業務に応じてブレークポイントの設定も行えるため、例えばセキュリティの観点上、パスワードの入力はロボットに行わせたくないという場合におすすめの機能です。

ポイント3

手順書を自動生成して業務を見える化

ロボットが操作した画像や操作概要を、そのままExcel形式の手順書として生成できます。
画像は操作した箇所を赤枠で囲うため、操作箇所が一目でわかります。
また、Excel形式で出力されるため、吹き出しコメントを挿入したりなど、自由に加工がきますので、業務の引き継ぎや社内マニュアルとしても活用できます。

ポイント4

規模に応じたライセンス

PC1台から始められるクライアント型、サーバに複数ロボットを配置して集中管理するサーバ管理型の2つの利用形態を用意。
大規模企業はサーバー型、中小企業はクライアント型を選択するなど、規模に応じたライセンス運用が可能です。

ソリューション関連商品一覧

標準価格:

メーカー名:

メーカー型番:

標準価格:

メーカー名:

メーカー型番:

標準価格:

メーカー名:

メーカー型番:

標準価格:

メーカー名:

メーカー型番:

標準価格:

メーカー名:

メーカー型番:

あなたへのおすすめ