スーパーウルトラワイドディスプレイならではの魅力

業務効率を向上させるため、デュアルディスプレイ環境を導入しているユーザーは少なくないでしょう。しかし、デュアルディスプレイは二つモニターを組み合わせて使うため、モニターの額が邪魔になりがちです。フィリップスの「スーパーウルトラワイドディスプレイ」は、1台でデュアルディスプレイ相当の作業領域を実現できます。「499P9H1/11」(48.8インチ)、「439P9H1/11」(43.4インチ)はワイド2面分の広作業域を確保しています。横に広く使えるため、長期間蓄積していたデータの分析や映像編集にも最適です。

  • 貸出機・トライアル なし
  • サーバー環境 不要
  • クラウドサービス契約単位 -

このような方にオススメ

目的・課題

業務効率化

カテゴリ

USB Type-C|ディスプレイ

このソリューションで解決できる問題

課題

解決策

複数のウィンドウを開いて作業したい

「スマートコントロール」を使えばドラッグ&リリースだけで多様な画面分割が可能です

動画編集の際のスクロールが手間

通常よりも横幅が広いため、カーソル移動だけで各箇所の編集ができます。

フリーアドレスオフィスに最適なモニターが必要

USB Type-C、DisplayPort、HDMIを搭載しており、さまざまなノートPCと接続できます。

特長

特長1

デュアルディスプレイを超える快適な作業空間

型番:499P9H1/11なら、解像度5,120×1,440の32:9スーパーウルトラワイド48.8インチスクリーンで、27インチQHDディスプレイを2台並べた場合と同等の広作業領域を実現します。1800Rのゆるやかな湾曲設計により、左右の端までしっかり視認できます。※型番:439P9H1/11の場合 解像度3,840×1,200 43.4インチスクリーン(32:10)で24インチディスプレイを2台並べた場合と同等の作業領域です。

特長2

USB Type-Cで配線をシンプルに

映像、音声、USB信号、LAN回線に電力(最大65~75W)を全て送受信可能なUSB Type-Cを搭載しており、ケーブル一本でノートPCと接続してスマートに業務がスタートできます。会議室や共有スペースに設置すれば、打ち合わせの進行もスムーズです。

特長3

2台のPCを一つのマウス・キーボードで操作

OSDメニューで入力端子を切り替え、同じマウス・キーボードで2台のPCを操作できる「KVMスイッチ」を搭載しています。

構成製品

PHILIPS(ディスプレイ)

49型スーパーウルトラワイド液晶ディスプレイ ブラック 5年間フル保証(5120x1440/Type-C/DP/HDMI/スピーカー搭載/昇降/スウィーベル/Display HDR 400)

メーカー型番: 499P9H1/11

標準価格: 0

PHILIPS(ディスプレイ)

43型スーパーウルトラワイド液晶ディスプレイ ブラック 5年間フル保証(3840x1200/Type-C/DP/HDMI/スピーカー搭載/昇降/スウィーベル/Display HDR 400)

メーカー型番: 439P9H1/11

標準価格: 0

関連資料ダウンロード

あなたへのおすすめ