情報更新日:2020/02/21 No. C1259

ネットワークのトラフィックを監視・分析するソリューション「Flowmon」

  • 製品 / サービス名:Flowmon
  • メーカー / ベンダー名:Flowmon Networks
  • 対応OS:OS不問|その他
  • 貸出機・トライアル:あり
  • サーバー環境:-
  • クラウドサービス契約単位:年額

こんな課題を解決します

ネットワークに関するトラブル対処が多い

Flowmonで簡単にトラフィックを可視化でき、トラブルの原因を調査できます。

各拠点・部署毎のネットワーク利用状況を把握したい

Flowmonではダッシュボードからさまざまな分類でのネットワーク利用状況を把握できます。

パブリッククラウド内のトラフィックが可視化できない

IPトラフィック情報をキャプチャする「VPC フローログ」に対応。Flowmonでデータ解析して可視化できます。

ポイント1

簡単にトラフィックを可視化

Flowmonによるトラフィックの可視化ソリューションでは、フロー統計情報を生成(解析)する機能を持つ「Flowmonプローブ」と、フロー情報解析機能を持つ「Flowmonコレクタ」の両方を提供します。
既存のネットワーク環境にフロー情報(NetFlow/IPFIXなど)を生成する機器(シスコ社製などの標準ネットワークデバイス)が存在する場合は「Flowmonコレクタ」でフロー情報を受信し、ユーザーやアプリケーションの利用状況を簡単に可視化・分析することができます。
フロー情報を生成する機器がない場合は、「Flowmonプローブ」を使うことですぐにトラフィックの可視化・分析が可能です。

ポイント2

ネットワーク環境を変えずに導入可能

ネットワークフロー生成専用機「Flowmon プローブ」は、既存のネットワーク機器を変更せず、ミラーポートやTAPなどの機器と接続するだけでパケットの属性を識別・分類し、フロー情報を生成し、分析も可能です。
10Mbps∼100Gbpsまでの回線に対応し、さまざまな規模のネットワークに適用できます。

ポイント3

Officeの利用状況を可視化

Flowmon プローブを活用すれば、HTTPのホスト名でフィルターをかけることでMicrosoft Officeなどのアプリケーションの利用状況なども取得できます。

ポイント4

追加費不要で監視対象を拡張可能

「Flowmon コレクタ」のライセンスは、監視対象のフローソース数やインターフェース数による縛りがなく、データを保存するディスクサイズに応じた課金となるため、導入後に監視対象が拡張した場合でも追加費用は発生しません。

ポイント5

Flowmon ADSにより振る舞いを検知

オプションプラグインの「Flowmon ADS」を利用すれば、ネットワーク上の異常な振る舞いを検知できます。
装置に付随するトラフィック量の変化や許可されていないサーバー/サービス、乗っ取られたPCなどを検知する機能を提供します。

ソリューション関連商品一覧

Flowmon Collector R5-1000

標準価格: 0

メーカー名: Flowmon Networks

メーカー型番: IFC-R5-1000

Flowmon Collector R5-3000 Pro

標準価格: 0

メーカー名: Flowmon Networks

メーカー型番: IFC-R5-3000PRO

Flowmon Collector R6-48000 Pro

標準価格: 0

メーカー名: Flowmon Networks

メーカー型番: IFC-R6-48000PRO

Flowmon Collector 2000 VA

標準価格: 0

メーカー名: Flowmon Networks

メーカー型番: IFC-2000-VA

Flowmon Probe 4000

標準価格: 0

メーカー名: Flowmon Networks

メーカー型番: IFP-4000-CU

Flowmon ADS Business(2FCP×2000flows/sec)

標準価格: 0

メーカー名: Flowmon Networks

メーカー型番: FPC-ADS-B

あなたへのおすすめ