紙文書のデータ入力業務の負担軽減

世界シェアNo.1の業務用イメージスキャナー「fiシリーズ」と、OCRソフトウェア「DynaEye」、富士通の純国産RPA「Axelute」を組み合わせて、紙文書の入力負荷を軽減し、業務フローの自動化を簡単に実現するソリューションです。紙の書類や帳票をスキャナーとOCRで読み込みデータ化、抽出したCSVファイル等を元にRPAが業務処理を対応することで、人手で行っていた業務の効率化やRPAの更なる活用につなげられます。

  • 製品・サービス名

    イメージスキャナーfiシリーズ/DynaEye/Axelute

  • メーカー名

    FUJITSU

  • 対応OS

    Windows|その他

  • 製品・サービスURL

    https://www.pfu.fujitsu.com/dynaeye/rpa/

  • 貸出機・トライアル -
  • サーバー環境 不要
  • クラウドサービス契約単位 -

このような方にオススメ

目的・課題

業務効率化

カテゴリ

ペーパーレス RPA・業務自動化

このソリューションで解決できる問題

課題

解決策

人手によるデータ入力から脱却したい

スキャナー×OCRで紙文書のデータ入力を効率化、RPAで作業を自動化する事で、業務工数や作業ミスを削減できます。

注文書や帳票によってレイアウトが異なるので自動化が難しい

DynaEye10はレイアウトが異なる注文書や請求書も一括で読み取りでき、学習機能で精度も上げられます。

設定や導入が大変そうで不安

OCR読取テンプレートやWindowsの動作をそのままロボット化できるRPAによって簡単に設定や導入が行えます。

特長

特長1

スキャナー×OCR×RPAが定型業務を自動化・効率化

RPAツールを活用しても、紙の書類からのデータ入力は人手で行っている場合、業務処理の効率化は限定的になります。
イメージスキャナー「fiシリーズ」と業務用OCRソフトウェア「DynaEye10」で、注文書や申込書の活字を精度高く読み取りデータ化します。更に富士通のRPA「Axelute」が自動で業務処理を行うことで、定型業務の自動化・効率化とミスの低減が図れます。また、かんたんOCR&RPA自動化セットは、それぞれの製品が非常にわかりやすい操作で使えることも特長です。

特長2

システム管理者でなくても簡単ロボット作成

Axeluteは、Windows上の操作を記録するだけでロボットを作成できます。また、ロボットに記録した操作を手順書としてExcel形式で自動生成でき、業務マニュアルとして利用できる形にアウトプットできることも特長です。

システム要件

【DynaEye】
詳細はWEBサイトをご確認ください。
https://www.pfu.fujitsu.com/dynaeye/product/dynaeye10/spec.html

【Axelute】
◆サポートOS(クライアント型)
・Windows 7
・Windows 8.1
・Windows 10
・Windows Server 2008 R2
・Windows Server 2012
・Windows Server 2012 R2

◆サポートOS(サーバ管理型)
・Windows Server 2012
・Windows Server 2012 R2
・Windows Server 2016

◆必須製品
・Microsoft .NET Framework 4.5 の再頒布パッケージ またはSDK 日本語版
・Microsoft Excel 2010, 2013, 2016 のいずれか(手順書出力機能を使用する場合)

構成製品

FUJITSU

A4両面カラースキャナ fi-7140G

メーカー型番: FI-7140G

標準価格: 0

FUJITSU

DynaEye 10 帳票OCR Entry サブスクリプションライセンス

メーカー型番: ST-7548SLR

標準価格: 420000

FUJITSU

DynaEye 10 帳票OCR Entry メディアパック

メーカー型番: ST-7548CZ

標準価格: 10000

メーカー型番:

標準価格:

メーカー型番:

標準価格:

メーカー型番:

標準価格:

関連資料ダウンロード

あなたへのおすすめ