情報更新日:2020/05/15 No. C1286

IoTの稼働管理・セキュリティ対策を支援する「JP1 for IoT デバイス管理」

  • 製品 / サービス名:JP1 for IoT - デバイス管理
  • メーカー / ベンダー名:日立製作所
  • 対応OS:Windows
  • 貸出機・トライアル:なし
  • サーバー環境:必要
  • クラウドサービス契約単位:-

こんな課題を解決します

IoTの状態をいつでも把握できるようにしたい

IoTが稼働している場所や稼働状態をリモートで管理できます。

IoTに不具合が発生した際は迅速に対応したい

不具合発生時における管理者への自動通知や効率的な対処作業のための豊富な機能で迅速に復旧できます。

時間やコストを抑えてIoTのセキュリティ対策をしたい

パスワードの定期的な変更、ファームウェアの最新アップデートなども遠隔操作で実行できます。

ポイント1

多種多様なIoTの稼働場所・状態を一元管理

地理的に分散しているIoTの情報を収集して一元管理することにより、IoTの状態をリモートで確認できます。
また、収集した情報を俯瞰的に確認できるため、不具合が発生したIoTの特定を容易にし、迅速な対処をサポートします。

ポイント2

効率的で確実なセキュリティ対策

JP1 for IoT - デバイス管理では、遠隔地からでも、IoTの初期設定や不要なサービスの無効化・パスワードの定期的な変更・ファームウェアの最新版へのアップデートなどを一括実行できます。

ポイント3

運用環境に合わせてカスタマイズ

アラート通知条件やレイアウトマップなど、お客さまのご要件に応じたカスタマイズに対応する「JP1 for IoT - 構築支援サービス」を用意しています。
また、カスタマイズしたサービス環境に対する、運用開始後の問い合わせ対応・問題解決支援・情報提供を行う「JP1 for IoT - 継続支援サービス」にも対応しており、サポート体制を整えています。

ポイント4

既存システムへの影響を抑えて運用可能

JP1 for IoT - デバイス管理は、お客様がご利用のIoTプラットフォームを経由してIoT情報の収集・管理を行えるため、既存のIoTシステムへの影響を抑えて導入することができます。

ソリューション関連商品一覧

JP1 for IoT - デバイス管理サポートサービス(平日)

標準価格: 120000

メーカー名: 日立

メーカー型番: SD-5273-180321

JP1 for IoT - デバイス管理利用ライセンス

標準価格: 120000

メーカー名: 日立

メーカー型番: SD-P1F11-W11&E

あなたへのおすすめ


2022年1月施行の「改正電子帳簿保存法」により企業の税務・経理関連書類の電子保存制度が見直され、従来のワークフローを見直す機運が高まっています。本特集サイトでは、電子帳簿保存法に対応した各種ソリューションをまとめてご紹介します。

電子帳簿保存法ソリューション特集