社員の様々な働き方に合わせて勤務状況を管理

働き方改革やテレワークの推進に伴い、社員が多様な働き方をできるよう環境を整える必要が有ります。そのためには、社員の勤務状況を把握し、労働時間の適正な管理が簡単に行えるようにする必要が有ります。FUJITSUが提供する「TIME CREATOR」は、社員のPC利用ログを元に勤務時間を把握できます。就業時間を過ぎてもPCが起動している場合は、警告や強制シャットダウンする事も可能です。更に「働き方可視化オプション」を利用すると、PCの操作ログを元に、詳細な勤務状況を把握する事が可能です。

  • 貸出機・トライアル なし
  • サーバー環境 必要
  • クラウドサービス契約単位 -

このような方にオススメ

目的・課題

労働環境改善|テレワーク対応勤怠管理

カテゴリ

ソフトウェア 勤怠管理

このソリューションで解決できる問題

課題

解決策

長時間労働を削減・改善したい

社員のPC利用ログから社員の労働状況や時間外勤務を把握できます。勤務パターンが異なる社員にも柔軟に対応し、長時間労働を予防する事が可能です。

勤務ルールを逸脱した隠れ残業や
PCの利用を抑えたい

時間外勤務の申請・承認フローが利用できます。またPC利用時間の警告や強制シャットダウンの機能を備えているのでルールを逸脱した利用を予防できます。

テレワーク時の社員の業務内容や
勤務状況を把握したい

働き方可視化オプションをご利用頂くと、社員の操作ログから「何の業務に何時間かけたか」が分かり、社員の業務状況を簡単に把握できます。

特長

特長1

社員の働き方に合わせて勤務状況を把握できる

「TIME CREATOR」はPCの利用時間を記録し勤務状況を把握できます。シフトや時差出勤等、勤務パターンが異なる社員にも柔軟に対応します。一人で複数台のPCを利用している場合でも、始業時のログオン~就業時のログオフまで正確に管理します。

特長2

隠れ残業や見えない時間外業務を防止

終業時間を過ぎてもPCを利用している場合、自動的にPC画面が切り替わり、シャットダウンするか上長に申請・承認を得るように促します。PC利用時間の累積警告を表示したり、強制シャットダウンも可能なので、社員の時間管理意識を向上します。

特長3

「働き方可視化オプション」で業務状況が一目でわかる

「働き方可視化オプション」を導入頂くと、PCの操作ログを取得し、個人やチームの業務状況をグラフで把握します。「誰が、何の業務を、どの程度の時間かけたか」が把握できるので、テレワーク中の社員の状況を把握したり、一部の社員に業務が集中する事を防ぎます。

※働き方可視化オプションのみのご購入はできません。TIME CREATORの基本機能(残業抑止)の購入が必須となります。

システム要件

【TIME CREATOR システム構成・動作環境】パッケージ版(オンプレミス)
https://www.fujitsu.com/jp/group/fsas/products/software/applications/time-creator/composition/

ご購入方法

※パッケージ版(オンプレミス)のご提供となります
※掲載のソフトサービスの他に、SE構築費用やハードウェアが必要です。
※初年度よりプログラムサポート(保守サービス)の購入が必須となります。ライセンスと同数のプログラムサポートをご購入ください。

構成製品

FUJITSU

TIME CREATOR IDリンク・マネージャー V2 メディアパック

メーカー型番: A514CAND

標準価格: 5000

FUJITSU

TIME CREATOR IDリンク・マネージャー V2 基本 50ユーザー付

メーカー型番: A5149ANE

標準価格: 531000

FUJITSU

TIME CREATOR IDリンク・マネージャー V2 基本 50ユーザー付 プログラムサポート

メーカー型番: A5140ANEM1

標準価格: 123900

FUJITSU

TIME CREATOR IDリンク・マネージャー V2 働き方可視化オプション 基本(50ユーザ付)

メーカー型番: A5149ANL

標準価格: 95000

FUJITSU

TIME CREATOR IDリンク・マネージャー V2 働き方可視化オプション(50ユーザ付) プログラムサポート

メーカー型番: A5140ANLM1

標準価格: 19200

関連資料ダウンロード

あなたへのおすすめ