情報更新日:2020/12/23 No. C1408

モバイルワークやサテライトオフィス勤務に最適!手のひらサイズのミニプロジェクター

  • 製品 / サービス名:ミニプロジェクター C-13W
  • メーカー / ベンダー名:キヤノン
  • 対応OS:Windows|iOS|Android|Chrome OS|macOS|iPadOS|Linux
  • 貸出機・トライアル:なし
  • サーバー環境:不要
  • クラウドサービス契約単位:-

こんな課題を解決します

印刷物の配布の代わりに、PCの画面を見せて相手と情報共有したいが、見にくい。

C-13WはPCやUSBメモリーと接続するだけで壁などに投映できます。相手と資料共有しやすくなります。

鞄の中が資料などの荷物で一杯に…。

4GBの内蔵メモリーを搭載しています。資料をデータとして保存すれば、持ち運びの荷物を減らせます。

外出先でスマートフォンやタブレットの充電をしたい。

C-13Wはモバイルバッテリー機能を備えています。充電できない環境でもモバイル機器の給電が可能です。

ポイント1

Android OS搭載でWeb閲覧ができる

C-13Wはインターネット閲覧用のWebブラウザー機能やPDF・Officeデータ閲覧用のドキュメントビューアーを搭載しています。プロジェクター単体でWEBの閲覧※や多彩なコンテンツの投写が可能です。

ポイント2

さまざまな接続方法を用意

インターフェースはHDMI、USB Type-A×2、microSDソケットを搭載しています。状況に合わせて出力方法を選択できます。C-13Wは4GBのメモリーを内蔵しています。データを事前に保存すれば本体だけで映像投写も可能です。

ポイント3

モバイル機器の充電に対応

モバイルバッテリー機能を搭載しており、充電器としてスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を充電できます。本体サイズ幅120×奥行き120×高さ33mm、重量410gとコンパクト設計のため、気軽に持ち運べます。

ポイント4

ミニプロジェクターC-13W 【キヤノン公式】

ソリューション関連商品一覧

ミニプロジェクター C-13W

標準価格: 0

メーカー名: キヤノン

メーカー型番: 4388C001

あなたへのおすすめ


2022年1月施行の「改正電子帳簿保存法」により企業の税務・経理関連書類の電子保存制度が見直され、従来のワークフローを見直す機運が高まっています。本特集サイトでは、電子帳簿保存法に対応した各種ソリューションをまとめてご紹介します。

電子帳簿保存法ソリューション特集