情報更新日:2022/06/15 No. C1430

R-Talk 1500で、大会議室でも快適なオンライン会議を実現。

  • 製品 / サービス名:NTT-TX R-Talk (アールトーク)
  • メーカー / ベンダー名:NTTテクノクロス
  • 対応OS:Windows|iOS|Android|Chrome OS|macOS|iPadOS
  • 貸出機・トライアル:あり
  • サーバー環境:不要
  • クラウドサービス契約単位:-

こんな課題を解決します

すべての会議参加メンバーの音声を確実にキャッチしオンライン会議を実現したい

R-Talk 1500と最大4つまで接続可能な専用拡張マイクを組み合わせることで、すべての会議参加者の音声を確実に集音可能。快適な音声通話を行えます。

大規模会議室や複数の会議テーブル間でも確実に集音しオンライン会議を実現したい

R-Talk 1500は6台まで連結接続可能!広い会議室であっても複数のテーブルを配置し、各テーブルにR-Talk 1500を設置することで、参加者メンバ間の距離を確保した多人数会議でも確実に集音が可能です。

感染対策用のアクリルパーティションやフェイスシールド越しでも快適なオンライン会議を実現したい

集音方向を指定可能なR-Talk 1500なら、音の反射の影響を抑え明瞭な音声を伝えられます。

ポイント1

広い会議室や離れた席でも確実に集音

R-Talk 1500は、少人数の会議から大人数が参加するセミナーや講演などでも利用できるスピーカーです。集音方向を指定可能な本体マイクと、前方方向のみ集音する専用拡張マイク「RT-OPT-MIC2」を組み合わせることで、参加者の声を確実に集音します。

ポイント2

本体を6台まで連結可能

専用ケーブルで本体を6台まで連結でき、広い会議室でも近くのスピーカーから音声を聞き取ることが可能です。専用ケーブルは5mと10mと長いケーブルをラインアップ。本体の連結と拡張マイクを組み合わせることで、ソーシャルディスタンスを確保した席レイアウトでも会議参加者が聞き取りやすく、また参加者の声を確実に集音できるように配置できます。

ポイント3

声の反射の影響やハウリングを抑える

R-Talk 1500は、90度単位で集音方向を指定可能です。また、RT-OPT-MIC2は「前方方向のみ集音」「拡張マイク単位でON/OFF可能」など集音設定を行えます。フェイスシールド着用者や飛沫防止パーティションによる声の反射や反響の影響を最小限にし、ハウリングなどの音声トラブルを抑えることができます。

ソリューション関連商品一覧

音声会議用マイク・スピーカー 「R-Talk 1500」

標準価格: 120000

メーカー名: NTTテクノクロス(周辺)

メーカー型番: RT1500

R-Talk用拡張マイク(1500用ミュート付)

標準価格: 10500

メーカー名: NTTテクノクロス(周辺)

メーカー型番: RT-OPT-MIC2

カスケード接続ケーブル(約5m)

標準価格: 9800

メーカー名: NTTテクノクロス(周辺)

メーカー型番: RT-OPT-CA05

カスケード接続ケーブル(約10m)

標準価格: 14500

メーカー名: NTTテクノクロス(周辺)

メーカー型番: RT-OPT-CA10

R-Talk用携帯電話接続ケーブルセット

標準価格: 9000

メーカー名: NTTテクノクロス(周辺)

メーカー型番: RT-OPT-CBL1

R-Talk用携帯電話スマートフォン接続ケーブル

標準価格: 0

メーカー名: NTTテクノクロス(周辺)

メーカー型番: RT-OPT-CBL2

R-Talk1500用専用ケース

標準価格: 19000

メーカー名: NTTテクノクロス(周辺)

メーカー型番: RT-OPT-1500BOX

あなたへのおすすめ


2022年1月施行の「改正電子帳簿保存法」により企業の税務・経理関連書類の電子保存制度が見直され、従来のワークフローを見直す機運が高まっています。本特集サイトでは、電子帳簿保存法に対応した各種ソリューションをまとめてご紹介します。

電子帳簿保存法ソリューション特集