情報更新日:2021/04/30 No. C1458

高音質・高画質なWEB会議をUSBケーブル1本の接続で実現。BoseのVideobar VB1。

  • 製品 / サービス名:VIDEOBAR VB1
  • メーカー / ベンダー名:ボーズ
  • 対応OS:OS不要
  • 貸出機・トライアル:なし
  • サーバー環境:不要
  • クラウドサービス契約単位:-

こんな課題を解決します

リモートワークを推進しているけど、WEB会議の音声と映像のクオリティが低くて、会議がスムーズに進まない。

Boseの小型スピーカーユニットと6つのビームステアリングマイク、そしてオートフレーム機能付きの4Kカメラをオールインワンで装備するVB1なら、まるでその場にいるかのようなコミュニケーションを実現します。

カメラやマイク、モニターなど複数の機器を接続すると、ケーブルや機器で会議室が雑然とする。

オールインワンのVB1ならPCとの接続はUSBケーブル1本だけ。室内のモニターへの画面共有もVB1からモニターへディスプレイリンクで投影できます。シンプルなデザインとワンケーブルの接続で、会議室を常にクリーンに保ちます。

設定、操作、管理が難しくて、使いこなせない。

設定者、使用者、管理者にそれぞれに最適化されたソフトウェアやアプリを用意しています。IT管理者は複数の機器をまとめて管理、更新ができる一方、使用者は付属のリモコンやアプリで音量やズーム、パン&チルトなどの基本操作を簡単にできます。組織の中のあらゆる人にフレンドリーな製品です。

ポイント1

Boseのサウンドクオリティが、声色のわずかなニュアンスも再生。

Boseが長年培ってきた小型高性能スピーカーユニットによるワイドレンジな再生により、明瞭に聞こえるだけでなく、会話や声に含まれるニュアンスやトーンまで忠実に聞き取れます。

ポイント2

6つのビームステアリングマイクロフォンが、発言者にフォーカスして収音。

6つのマイクが構成する4本の収音ビームが、発言者にフォーカスして収音するので、テーブルの上のページをめくる音やPCを打つ音など不要な騒音の収音を抑制します。奥行6mまで対応し、手前の席から奥の席まで音量差も自動補正して、相手方が聞きやすい適切な音声で届けます。

ポイント3

4KウルトラHDカメラとオートフレーム機能で、表情もホワイトボードもクリアに見える高い視認性。

対角123°、水平115°の広い視野角を持ち、小さなハドルスペースでもメンバー全員がフレームに入ります。人物の顔と体を検出して画角を自動調整するオートフレーム機能により、会議室にいる全員を映し出します。

ポイント4

シンプルでスタイリッシュなデザインがもたらす設置の柔軟さと、ケーブル1本で接続できる簡易性。

高さはわずか5cm、奥行きは10cmの薄型ボディなので、どんな部屋にもなじみます。付属のテーブルスタンド、壁付け金具に加えて、薄型ディスプレイの上や下にマウントできるオプション金具もあり、さまざまな設置方法に対応します。PCとの接続はUSBケーブル1本だけ、モニターへの画面共有もDisplay Link機能により、VB1からモニターにHDMIで接続できます。

ポイント5

使う人も管理する人も使いやすいそれぞれのインターフェース。

会議室を使う人は、付属のIRリモコンや専用アプリで音量、ミュート、ズーム、パン&チルトなどの基本操作を簡単に調整できます。一方、機器を管理するIT担当者は、専用ソフトで世界中の支社のVB1の稼働状況やファームウェアアップデートを一括で管理。それぞれの人に最適なインターフェースを用意しています。

ソリューション関連商品一覧

WEB会議システム Videobar VB1

標準価格: 138000

メーカー名: ボーズ

メーカー型番: VIDEOBAR VB1

あなたへのおすすめ


2022年1月施行の「改正電子帳簿保存法」により企業の税務・経理関連書類の電子保存制度が見直され、従来のワークフローを見直す機運が高まっています。本特集サイトでは、電子帳簿保存法に対応した各種ソリューションをまとめてご紹介します。

電子帳簿保存法ソリューション特集