情報更新日:2022/03/02 No. C1572

ランサムウェアの被害を未然に防ぐ!ESET PROTECTソリューションならではの対策

  • 製品 / サービス名:ESET PROTECTソリューション
  • メーカー / ベンダー名:キヤノンITソリューションズ
  • 対応OS:Windows|iOS|Android|macOS|Linux
  • 貸出機・トライアル:あり
  • サーバー環境:必要
  • クラウドサービス契約単位:月額|年額

こんな課題を解決します

ランサムウェア対策を万全にしたい

すべてのラインアップで「ランサムウェア保護機能」をはじめとするランサムウェアの感染段階別に対抗機能を搭載しています!

管理の手が届かず脆弱になりがちなテレワークでの利用端末を狙った攻撃を防止したい

クラウドサンドボックスを搭載した製品ならば、修正パッチや定義ファイルが提供される前の未知の攻撃を管理者の手を介さず、自動解析・防御します!

ユーザーの働く環境やニーズ、予算に合わせて幅広く対策したい

様々な利用環境やニーズに合わせた導入ができる豊富なラインアップをそろえ、コストパフォーマンスにも優れています!

ポイント1

多層防御機能と高精度の検出システムにより、ランサムウェアや新種・亜種のマルウェアに対抗

「ESET PROTECTソリューション」は、高度化・悪質化するランサムウェアや新種・亜種のマルウェアの脅威から、法人・企業のIT環境を守るセキュリティソリューションです。
すべてのラインアップで、「ランサムウェア保護」をはじめとする「多層防御機能」と「高精度の検出システム」を利用してランサムウェアや新種・亜種のマルウェアの被害を未然に防ぐための対策がおこなえます。

■多層防御機能とは
ランサムウェアの実行のタイミングだけではなく、その前後も含めた複数のタイミングで検査をおこないます。
そのため、『ランサムウェアの感染段階別に対抗』することができるので被害の発生を未然に防ぎます。

■高精度の検出システム
ESETの検出システムは、パターンマッチングだけではありません。
新種・亜種の悪意のあるマルウェアの振る舞いの特性を識別し、検出する独自開発の「ヒューリスティック技術」を25年以上前から製品に搭載してます。
パターンマッチングとヒューリスティック技術により、ランサムウェアだけでなく、新種・亜種のマルウェアの被害の発生を未然に防ぐことも可能です。

ESETでは、10年以上前から流行したランサムウェアを検出・定義してきました。
また、新種・亜種のウイルス検出率、既知ウイルスの検出率は第三者機関より高い評価を獲得しています。

ポイント2

テレワークも安心・安全に!クラウドサンドボックスを活用した全社レベルでの端末保護

テレワークが普及したことでユーザーの利便性は向上しました。
一方で、管理の手が届きにくくなり、脆弱になりがちなユーザーの端末を狙ったランサムウェア等によるウイルス感染の被害が増加しており、対策が急務となっていることも実情です。
また、最近のランサムウェアはこれまでのばらまき型から標的型攻撃のように特定の企業を狙った攻撃に変化をしてきており、高度に偽装することで、ユーザーの判断を迷わせるモノが多く、数時間毎の定義ファイルの更新ではカバーしきれなくなっております。

そこで活躍するのが、クラウドサンドボックスです。
クラウドサンドボックスは、エンドポイント側で白黒判定がつかない不審なファイルをクラウド上にあるESET社の解析環境に送信し自動で解析をおこないます。
そして、解析完了後に悪質と判断したファイルは全社レベルで自動的にブロックすることが可能です。
「自動解析・防御」は数分内でおこなわれますので、圧倒的なスピードでユーザーを保護します。

管理者の方は、管理画面(ダッシュボード)から解析後の結果を確認いただくことが可能です。
通知機能を使用したメールで情報を受け取ることも可能なため、テレワーク中のユーザーに問題が発生した際にすぐに気づくことが可能です。
さらに、ブラウザやメールから侵入した不審なファイルをクラウドの解析環境で解析が完了するまで開封させないプロアクティブ保護機能により、解析中に感染するリスクを減らすことができ、保護レベルを大きく高めることが可能です。

管理者の方は、管理画面(ダッシュボード)から解析後の結果を確認いただくことが可能です。
さらに通知機能を使用したメールで情報を受け取ることも可能なため、テレワーク中のユーザーに問題が発生した際にすぐに気づくことが可能です。

ポイント3

働く環境やニーズに合わせた最適な製品ラインアップ

「ESET PROTECTソリューション」なら、様々な利用環境やニーズに合わせ最適な製品をご利用いただけます。
「性能/機能」に加え、「コストパフォーマンスの高さ」もESET製品の特長です。

テレワークにおけるランサムウェア対策におススメの製品をご紹介します。

【おススメの製品】
■iKAZUCHI(雷)版 クラウド製品
(1) ESET PROTECT Advanced クラウド Lite iKAZUCHI(雷)
  iKAZUCHI(雷)オリジナル製品。最低購入数6ライセンス(追加は1ライセンス)から。
  →クラウドサンドボックスを活用したランサムウェア対策だけでなく、フルディスク暗号化を活用した情報漏洩対策もおこなえます。(合計利用数が100ライセンス未満の場合は、ファイルの挙動分析レポートの表示制限があります。)

■通常版 クラウド製品
(2) ESET PROTECT Advanced クラウド
  最低購入数100ライセンス(追加は1ライセンス)から。
  →クラウドサンドボックスを活用したランサムウェア対策だけでなく、フルディスク暗号化を活用した情報漏洩対策もおこなえます。

(3) ESET PROTECT Complete クラウド
  最低購入数100ライセンス(追加は1ライセンス)から。
  →ESET PROTECT Advanced クラウドの対策に加え、Microsoft 365のクラウドメールやオンラインストレージのセキュリティ強化もおこなえます。

ソリューション関連商品一覧

ESET PROTECT Advanced クラウド ライセンス 100-249ユーザー

標準価格: 4200

メーカー名: キヤノンITソリューションズ

メーカー型番: CMJ-ADC1-C15

ESET PROTECT Complete クラウド ライセンス 100-249ユーザー

標準価格: 5170

メーカー名: キヤノンITソリューションズ

メーカー型番: CMJ-CMC1-C15

あなたへのおすすめ


2022年1月施行の「改正電子帳簿保存法」により企業の税務・経理関連書類の電子保存制度が見直され、従来のワークフローを見直す機運が高まっています。本特集サイトでは、電子帳簿保存法に対応した各種ソリューションをまとめてご紹介します。

電子帳簿保存法ソリューション特集