情報更新日:2022/01/19 No. C1591

Microsoft 365対応 脱PPAP・メール誤送信対策に役立つクラウドサービス

  • 製品 / サービス名:Outbound Security for Microsoft 365 10ユーザー 1年間(年額)
  • メーカー / ベンダー名:キヤノンITソリューションズ
  • 対応OS:OS不要
  • 貸出機・トライアル:あり
  • サーバー環境:不要
  • クラウドサービス契約単位:年額

こんな課題を解決します

ZIP暗号化にかわる手段(脱PPAP)で、手間なくメールの添付ファイルを送信したい

ファイルを添付し送信するだけの簡単操作で、添付ファイルを自動的にダウンロードリンク化し安全・安心のファイル送受信を実現します。

導入や運用の手間をかけずに誤送信対策(PPAP対策)したい

クラウドサービスで、お客様側でのサーバ準備は不要です。Outlookアドイン方式なので、Microsoft 365上で登録するだけで各ユーザーが設定せずに利用可能です。

コストをできるだけ抑えてスモールスタートしたい

100円/1ユーザー(月額換算)圧倒的なコストパフォーマンス。10ユーザよりご利用可能です。初期費用もかかりません。

ポイント1

簡単操作!添付ファイルのダウンロードリンク化でPPAPの課題を解決!

1.送信者は、メールにファイルを添付して送信実行
  ※添付ファイルは、クラウドのファイルサーバーに自動でアップロード
  ※自動的に保管先のURLがメール本文に挿入
2.受信者は、メール内のURLにMicrosoft/Googleアカウトのログイン(ソーシャルログイン)にて、ファイルを受信
  ※アカウントを利用できない場合には、ワンタイムパスワードの利用も可能

<課題解決ポイント3点>
・簡単操作でメールの利便性はそのまま
・添付ファイルは暗号化されずウイルスチェックの対象
・ソーシャルログイン対応でパスワード送信不要

ポイント2

Outlookアドイン方式で楽々導入!

管理者がMicrosoft 365の管理センター上で設定するだけで、自動配布・インストールされ、各ユーザーでの設定不要で利用可能。
アドイン導入後は追加設定不要のため、管理の手間なく利用可能。
※Outlookアドイン:Outlookに追加でインストールできる拡張機能。管理センターからの一元展開が可能。

ポイント3

安心のメール誤送信対策!

・ポップアップ画面によるメール送信前確認が可能
 社員任せになりがちなメール送信前の確認(件名/宛先/添付ファイル名/本文)をポップアップ画面により簡単に実現。
・添付ミスが発覚した場合、あとから非公開に変更可能
 受信者が未ダウンロードなら、被害拡大を防げます。
・ダウンロード履歴にて誤送信後の影響範囲の確認が可能

ソリューション関連商品一覧

Outbound Security for Microsoft 365 10ユーザー 1年間(年額)

標準価格: 12000

メーカー名: キヤノンITソリューションズ

メーカー型番: GSC-OS-10-A12

あなたへのおすすめ


2022年1月施行の「改正電子帳簿保存法」により企業の税務・経理関連書類の電子保存制度が見直され、従来のワークフローを見直す機運が高まっています。本特集サイトでは、電子帳簿保存法に対応した各種ソリューションをまとめてご紹介します。

電子帳簿保存法ソリューション特集