情報更新日:2022/04/26 No. C1608

ウィルスに侵入されても発症しない!ランサムウェア対策にAppGuard

  • 製品 / サービス名:AppGuard
  • メーカー / ベンダー名:Blue Planet-works
  • 対応OS:Windows
  • 貸出機・トライアル:なし
  • サーバー環境:不要
  • クラウドサービス契約単位:年額

こんな課題を解決します

未知のマルウェアやランサムウェアによる感染を防ぎたい

革新的な特許セキュリティ技術により、従来の「検知型」ソリューションでは発見困難な未知の脅威にも対抗できます。

定義ファイルの更新や、頻繁なアップデートが面倒

AppGuardは「検知」を行わないため、シグネチャファイルなどの定義ファイルに依存しません。そのため定期的なスキャン、定義ファイルの更新は不要です。

定期的に改正される個人情報保護法への対策

機密情報を扱う部署や、やむを得ず利用しているサポート切れのOS端末など、リスクが高い端末に導入することで「+α」の備えを提供します。

ポイント1

ゼロトラスト型エンドポイントセキュリティで業務の継続性を担保

これまでの守り方は、過去の脅威情報から危険性の高いものを例外として拒否していく「ブラックリスト」に基づく対処方法でした。
AppGuardはゼロトラストの発想に基づき、『すべてを「拒否」して例外で「許可」する』方法です。
攻撃に悪用される危険性の高いアプリケーションからの行為を監視し不正な行為を禁止します。

ポイント2

インシデントの発生を阻止することで事後対処を簡素化

従来のセキュリティ対策では未知の脅威のすり抜けが避けられず、監視や事後対策のため高度なセキュリティ人材、体制、ツールの配備が必要不可欠でした。AppGuardは、すり抜けた脅威のインシデント化を阻止し、事後対処にかかる運用負担を軽減します。実際に導入頂いたユーザー企業では24時間x365日での監視体制が不要になったケースもあります。

ポイント3

OSやアプリの脆弱性対応のための「時間かせぎ」

OSやアプリケーションの脆弱性は公表されてから悪用されるまでの時間が年々短くなっており、脆弱性解消までの時間的猶予がなくなりつつあります。AppGuardは脆弱性を悪用した不正アクセスを防止し、修正パッチ適用までの「時間かせぎ」を可能にします。

▽TOKYO MXで放送中のビジネス向け番組『ええじゃない課Biz』にてAppGuardをご紹介いただきました。

ソリューション関連商品一覧

[1年間]AppGuard Soloライセンス

標準価格: 6000

メーカー名: Blue Planet-works

メーカー型番: AGSOLO_2021

[1年間]SMB向けAppGuard Small Business Edition Agentライセンス

標準価格: 6000

メーカー名: Blue Planet-works

メーカー型番: AGSBED

[1年間]Enterprise向けAppGuard Agentライセンス

標準価格: 6000

メーカー名: Blue Planet-works

メーカー型番: AGE001_2021

[1年間]AppGuard Server 2020 Windowsライセンス

標準価格: 60000

メーカー名: Blue Planet-works

メーカー型番: AGSW_std001

あなたへのおすすめ


2022年1月施行の「改正電子帳簿保存法」により企業の税務・経理関連書類の電子保存制度が見直され、従来のワークフローを見直す機運が高まっています。本特集サイトでは、電子帳簿保存法に対応した各種ソリューションをまとめてご紹介します。

電子帳簿保存法ソリューション特集