Startラボ 第8回 「C841Mのリセットボタンでの工場出荷状態のリカバリについて」

こんにちは。社会人2年目の新米SEのTEと申します。

C841Mで工場出荷状態にリカバリする機会は皆さまご経験ありますでしょうか?
例えば、私の場合設定後にトラブルが発生した場合に、トラブルシュートや切り分けの方法として工場出荷状態にリカバリする事があります。また、検証時にも良く使用する事が多いです。
そこで、今回はC841Mのリセットボタンで簡単に初期化する方法について検証を交え、ご紹介していきたいと思います。

それでは、初期化する前に、まずはC841Mの現在のコンフィグを確認したいと思います。前々回にGUI(CCP Express)の接続方法をご紹介しましたので、せっかくなので今回はGUIを使用したいと思います。
GUIへの接続方法につきましては、Startラボ 第6回 「C841Mでインターネットに接続できない?? 前編」をご参照下さい。

GUIでのコンフィグを確認する方法はいくつかございますが、今回はコンフィグファイルをダウンロードし、確認したいと思います。
以下がGUIのホーム画面となりますが、右上赤枠内の「実行中の設定をダウンロード」と表示されるマークを押すと現在のコンフィグファイルのダウンロードが可能です。

この記事はiDATEN(韋駄天)会員限定です。ログインしていただくと続きをお読みいただけます。

カタログDL等、iDATEN(韋駄天)ログインが必要なコンテンツがございます。
必要に応じて、ログインしてご利用ください。
iDATEN(韋駄天)のご利用に関してご不明点があるお客様は こちら をお読みください。

Ciscoの記事